« また、エサのこと | トップページ | 孵卵器のこと、その2 »

孵卵器のこと

いきなりですが、孵卵器を作ろうと思います。マックの繁殖は来年ですが、今年繁殖出来そうな、ハイタン系のタッキー♂とポピー♀、パピー♀の間で、チャレンジしようかなと思ってます。練習って言ったら失礼ですが、来年のマックがぶっつけ本番になるよりはイイかなと思うのですが、ただ、問題がひとつ、ふたつ・・・。

ひとつめは、孵卵器がない・・・。アオカナヘビは、カナヘビだけあって、結構ほっておいても孵化するんですが、レオパを孵化させようとしたら、それなりの孵卵器(インキュベーター)というか、温度を一定に保てるものがいるんですよね。みんな工夫して、手作りで頑張ってますよねー。専用のものは、高価(1万~2万)だし、そのわりには発泡スチロールの箱っていう感じで、あまり部屋のなかに置きたくないっていう感じです。細菌とか培養する機械っていうのもあって、実験室みたいで、見た目はかっこいいのですが、発泡スチロール製のものより一段と高い(5万以上)し・・・。

この前、オークションで、1度きざみで温度管理できるというワインセラーが売ってたんですが、定価10万くらいで、中古で5万っていう感じでした。これは、外気温よりも低い温度でも高い温度でも安定して設定できるっていう優れもの(普通の孵卵器は、ヒーターで温度を保つので、外気より低温っていうのは無理)です。カメレオンの孵化には、これでしょうっていう感じ・・・。

そこで、コレクションボックスという、木箱を見つけました。自然な感じの箱で、フタ面がガラスになっていて、なかなか良いです。今度の週末には、これを孵卵器に改造してみようと思っています。また、連続写真で載せられたらいいなって考えてます。

ふたつめの問題は、孵化した子をどうするかっていうことですが・・・。どれくらい孵化するかは、わかりませんが、生んだ卵が全部孵化したとして、最高で20匹くらい?そんな簡単に殖えるかー!って突っ込まれるかもしれませんが、もしかしたらっていうことは考えておかないと・・・。

みなさんご存知の動物愛護法のおかけで、孵化した子をオークションで売ることもできないし、ショップに引き取ってもらうしかないんでしょうね?タダで配るっていうのは、愛護法には触れないようですが、もらってくれる人がどれだけいてるか・・・。

ということで、今年は、レオパは繁殖させないかも知れません。でも、孵卵器は作ってみようと思います。基本的に、工作好きだし・・・。

それでは、また

|

« また、エサのこと | トップページ | 孵卵器のこと、その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« また、エサのこと | トップページ | 孵卵器のこと、その2 »