« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

繁殖開始

Dsc03169ペアリングを開始しました。まずは、トリオでアルビノマックスノー♂とマックスーパースノー♀×2です。♂が若いので、負けてるみたいで、なんか危ういのですが・・・ちょっと微妙です。

 

Dsc03176こちらもトリオで、マックスーパースノー♂とアルビノ♀、サングロー♀の組み合わせです。♂はその気満々で迫ってるのですが、♀たちがちょっと拒否してます。でも、なんとかなるでしょう・・・。

 

Dsc03178こちらは、アルビノ♂とマックスーパースノー♀です。♂が迫ってたのですが、♀に拒否されて、ちょっといじけてます。♀は全部クーリングした子たちなのですが、拒否してる子ばかりです。

 

Dsc03179これは、アルビノ♂とマックスーパースノー♀です。♀のタイミングが早いのか、みんな拒否してます。みんなペアリングして2日目ですが、交尾の確認は全然できてません。

 

Dsc03184最後のペアは、マックスノーヘテロアルビノ♂とハイタンヘテロアルビノ♀です。両方ともラプターヘテロなので、奇跡的な確率でラプターマックスノーも有りの楽しみな組み合わせです。

 

このまま、2トリオと3ペアは同じケージで飼育しておくことにします。交尾の確認が出来ないので、抱卵が確認できるまで一緒にしておくしかないですよね?まぁ、ケンカはしてないみたいなので、なんとかなるかな・・・でも、どのペアもかなり微妙で、交尾の確認ができないので不安です。

 

Dsc03143この子は、一時里帰り中のマックスノーです。さみしいのか遠吠えでもしそう・・・知り合いのところに里子に出したのですが、里親さんが帰省するので、一時預かってます。マックスノーらしい薄い黄色で、なかなか綺麗な子です。

 

それでは、また

| | コメント (10)

クーリング終了

Dsc03115クーリングの準備1週間~クーリング4週間~クーリング終了1週間で、トータル6週間のクーリングが終了しました。20匹を出来るだけ温室に収める為、四苦八苦しながらセッティングしました。まずは温室の上段ですが、メス6匹をレプロ・ウィンディに一匹ずつ入れて、産卵床入れるためのスペースも確保しています。

Dsc03117温室下段ですが、上部のレプロ・ウィンディ2個にはオスがそれぞれ入っていて、この中でペアリングの予定です。下部のフラットプラケには、今シーズンに繁殖予定の無いヤングと、ハイイエローがそれぞれ9匹いてます。ここまでで、合計17匹・・・結局、どうしても温室内には収まらない・・・プラケも気に入らない・・・。

Dsc03118外の3つのケージには、オスが3匹いてます。この中でペアリングの予定です。なんとか、収まったような収まらないような・・・あまり気に入ってないのですが、これ以上温室を増やすわけにもいかないので、我慢しつつ繁殖に向かうことにします。でも、ベビーが生まれたらどこに?クーリングに使ってたアクリルケージとか、昨シーズンのアクリル分割ケージとかも残ってるので、入れ物はあるんですが、置く場所が・・・まぁ、なんとかなるか・・・。

クーリング明けで、体重測定をしましたが、みんな4%~8%(2g~6g)くらいしか体重が減ってないです。6週間何も食べなくても・・・すごいですよねー。レオパの生命力を実感しました。今日からエサをやることにします。

それでは、また

| | コメント (6)

きりのいいところで・・・

Dsc03010Dsc03014Dsc03018Dsc03021  

 

 

きりのいい、20匹目をゲットォー!!ということで、アルビノヘテロラプターで両目スネークアイです。またまた、黄色が綺麗な子ですが、目が不思議ですよねー。スネークアイって虹彩が半分無い(というか、分からないだけでちゃんとあるのか?)のに、ちゃんと見えてるのか?っていう感じなんですが・・・普通の目の子って、猫みたいに明るさによって、虹彩の太さが変わるのが分かるんですが、半分しか無いってことは、調節不可能ってことで、どうなんだーって感じです。

 

Dsc03000これは何かというと、うちの子供が脱皮し始めたレオパを引きずり出して、めくって集めた手足のコレクションです。脱皮を食べるのは、捕食者とかに見つからないようにしてるからだと思うのですが、栄養補給とかの意味もあるんでしょうか?必須ということは無いと思うので、子供達がめくっているのも、そのままにしてますが、脱皮が始まったのを見つけたら、食べる間もなく、めくってしまってます。まぁ、問題ないか・・・。

 

繁殖予定の子たちは、クーリングから復帰させます。今日から一週間ほどで常温(30度)まで戻して、エサやって・・・その後のタイミングがやっぱり分かりません。発情の期間というのは、どうなんでしょうか?クーリング後どれくらい日数をおいても大丈夫かが謎ですね。また、英語の本と、繁殖に関するビデオを買ってしまいました。もっと、勉強しないと・・・。

それでは、また

| | コメント (6)

魅惑のレモンイエローズ

Dsc02929Dsc02933Dsc02937Dsc02939  

 

 

フラッシュを焚くとオレンジっぽくなってしまうのですが、実物は初めの2枚の色に近いです。レモンイエローの綺麗なアルビノマックスノーです。

マックスノーが入ると黄色が淡い感じになるみたいですが、アルビノになるともっと綺麗なレモンイエローになってます。他のアルビノマックスノー見てたら、アダルトになると普通のアルビノみたいな感じになってますが、マックスノーはベビーからサブアダルトくらいが一番綺麗だと思います。

 

Dsc02845Dsc02950Dsc02952  

 

 

という訳で、うちに来てから拒食してたアルビノマックスノーのベビーですが、よく食べるようになって、約2ヶ月で、7gから26gまでになりました。ほんの一ヶ月前までは、真っ白だったのですが、成長するにしたがって、黄色が出てきました。この子も多分、上の子みたいな色に変化するんでしょうねー。

 

Dsc02925あとは、クーリング中のアダルト達です。シュエルターを洗って湿らせて、水を交換しました。もう、20度ちょっとに下げてから、3週間たつのですが、まだ、ウンチをする子がいてます。マニュアルでは、最後のウンチを確認してから温度を下げるっていうことですが、なかなかマニュアル通りにはいかないものです。一応、最後だと思ったウンチは確認したんですが・・・。

 

あと2週間程、このままにしておいて、その後、一週間くらいで温度を30度まで戻して、エサをあげて、様子見ながらペアリング・・・温度戻してから、ペアリングまで持っていくタイミングがよく分かりませんが・・・まぁ、なんとかなるか・・・。

それでは、また

| | コメント (6)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »