« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015ぶりくら市御礼&九レプ秋に連れて行く子達

Img_3748 Img_3751
一番隅っこで、どうなるかと思いましたが、沢山のお客様に来て頂き、うちの子達を一杯連れて帰って頂き、本当にありがとう御座いました。
今年は、1階と2階に分かれて、開場前の通路を見てたら、無駄に広いんちゃうの?とか思ってましたが、開場と同時にほぼ人で埋め尽くされましたね・・・入場者数2149人と言うことでしたが、もっと多いようなイメージでした。

で、この週末は九レプ秋ですが、ぶりくら市で皆さんに、沢山連れて帰って頂いたおかげで、残ってる(じゃなくて、九州に行きたくて残った)子達が分かりにくくなってますので、連れて行く子達を載せますね・・・写真は前回の使い回しですが、後ろの方は初出の子達もいますので、見て下さい。
勿論、絶賛予約受付中ですし、タンジェロは少なくなりましたので、早い者勝ちです。

C15002 C15018 C15020 C15035
C15053 C15055 C15059 C15061
C15064 C15081 C15111 C15115
C15119 C15123 C15133 C15134
C15139 C15140 C15147 C15153
C15154 C15155 C15166 C15184
C15187 C15192 C15196 C15201
C15203 C15209 C15224 C15226
C15228 C15229

うちでは、いつもマーフィパターンレスは、分からないところ(ヘテロマーフィパターンレスとも聞いてない)から出るんですが、スーパープラチナ(スーパーマックスノー・マーフィパターンレス)はなかなかの渋さです。スーパーマックスノーのドットを消したら意味無いやん、と思ってましたが、【228】を見たら、これはこれで有りかなと思いましたね・・・では、博多でお会いしましょう。

それでは、また

| | コメント (33)

タンジェロについて

皆さんお待ちかね?のタンジェロに関するモルフ解説ですが、あくまでも私の個人的な見解であって、決してトレンパー氏にケンカを売ってる訳ではないので、その辺りはご理解のほど、よろしくお願いします。また、意見は受付けますが、(打たれ弱いので)批判は勘弁して下さいね・・・かなりのボリュームになってしまいましたので、興味の無い方は読み飛ばして下さい。


【タンジェロの遺伝形式について】
タンジェロは、トレンパー氏によると共優性遺伝ということになっていますが、うちで繁殖した結果から考察すると、優性と劣性の複数の遺伝子が関与した多因子遺伝ではないかと思われます。

タンジェロ独特のオレンジ色のもとになる遺伝子(Tangelo-orange=To)、タンジェロのパターンレスになる遺伝子(Tangelo-patternless=Tp)、タンジェロの大きくなる遺伝子(Tangelo-big=Tb)と、最低でも3種類のメインとなる遺伝子が関与していて、あと、タンジェリン、キャロットテール、キャロットヘッド、トレンパーオレンジ等のオレンジ系遺伝子を集めた多因子遺伝で、トレンパー氏の言うスーパータンジェロは、メインの3種類が、すべてがホモで揃っている状態だと思います。

【タンジェロの色について】
タンジェロの色は、Toの他にもっとタンジェロ色を強めるTo2と言えるような遺伝子が関与しているのかも?とも思いますが、Toがホモになった時にタンジェロ色が濃くなると考えて、Toが共優性遺伝であれば問題無いようにも思いますし、あまり複雑にしてしまうのもどうかと思うので、Toはタンジェロ色を出す共優性遺伝(トレンパー氏自身は、タンジェロは共優性と明言していて、何の根拠も無く共優性と言う訳もないし、スーパータンジェロとされる個体からは、確実にタンジェロ色が発現する個体が出るので、劣性遺伝とか、単純な優性遺伝で複数の遺伝子が関与している、と考えるよりもいいのでは?)と考えます。

ただ、タンジェロ色の出方にムラがある為、
To2とも言うべき独自の第二タンジェロ遺伝子とかでは無く、オレンジ系の遺伝子を選択交配により集めて、タンジェロ色のToの周りを固めて、よりオレンジ色が発色するようにしている、という感じはしますし、マックスノーのように完全な共優性遺伝(マックスノーとスーパーマックスノーは、完全に表現が違う)では無く、タンジェロとスーパータンジェロでは区別するのが微妙な感じなので、量的な優性遺伝のような気もしますが、ここは、トレンパー氏の意見も尊重(偉そうこと言うな、って?)し、共優性遺伝ということにしておきます。

単一な劣性遺伝若しくは優性遺伝で、独自の表現が出るというものはアルビノ3系統やマックスノー以来出ていない(エニグマやW&Yは、独自の表現と言うより、色素の出方をコントロールする部分に変異があり、色やパターンを乱しているというか、変化させているモルフと思われる?)ので、ブラックパールもそうですが、微小な劣性遺伝(ブラックパール自体は黒化する微小な劣性遺伝で、ダーク系やブラック系の他の微小遺伝子を集めていると思われます。と言うのも、完全にメラニスティックな劣性遺伝なら、成長しても真っ黒のままで、すでに、劣性ホモの真っ黒の個体が出回っているはず?)や優性系遺伝(タンジェロやTUGスノーなど?)をコアとして、周りを他の微小な同系統の変異遺伝子を選択交配で集めて、コアの表現を強めるようなモルフになっているような気がします。

【タンジェロのパターンについて】
タンジェロのパターンレスに関しては、色の出方から、サングロー(スーパーハイポタンジェリン)とは別の遺伝子が関与していると考えられ、サングローではバンド模様から全体的にバンドが消え、白い部分がオレンジと同化するようなイメージで変化して、最終的にはオレンジ一色になりますが、タンジェロではバンド模様から、白い部分がオレンジ色に侵食されるような感じで、白い部分の面積が少なくなって、最終的にオレンジ一色となる遺伝子として、Tpと思われるものを持っているように思います。

オレンジ一色になる途中や、オレンジ一色になった後で、ラプターのような頭のパターンや身体のパターンが出ることもありますが、これはTpの表現形式というよりも、ラプターのトレンパーパターンレスやタンジェリン系の微小遺伝子が関与(トレンパー氏は、タンジェロの由来を明らかにしていませんが、うちのトレンパー氏ブリードのスーパータンジェロが、ヘテロラプター、それも完全パターンレスになるラプターのヘテロであることを考慮すると、タンジェロはラプター系から出たのではないかと思われます)しているものとして、スーパータンジェロからバンド模様で、バンド模様の残る個体が出ることから、Tpは劣性遺伝で、ホモになった時、スーパータンジェロのパターンレスになるものと考えます。

ToTpが関連している、若しくは同じもので、共優性のスーパー体になった時に、パターンレスのスーパータンジェロになるという可能性もありますが、ToTpが同じもので共優性遺伝するものとすると、スーパータンジェロからは、タンジェロ色が必ず出てバンド模様の残るタンジェロしか生まれないはずですが、タンジェロ色の出方にはムラがあり、パターンの出方も様々なので、やはり多因子遺伝と考えた方がいいと思います。Toがヘテロ(共優性のヘテロなので、単に優性遺伝が発現している状態)でタジェロ色が薄くTpが発現していないのでパターンレスにはならない個体、Toがホモで発現(色だけスーパータンジェロ?)していてTpは発現せずにパターンレスにならない個体とか、Toが発現していなくてTpは発現してオレンジの薄いパターンレスっぽくなる個体もいるので、Toが発現していなくてもTpが発現すれば多少(白い部分がオレンジになることから)タンジェロっぽいオレンジが出て、そこにToが加わるとタンジェロ色がより強調されると考えることも出来ますので、To2を考えなくても解決出来そうです。

【タンジェロのサイズについて】
タンジェロの大きさについては、タンジェロの中で、確実に大きくなる子がいて、ジャイアントのようなごつい感じではなく、スレンダーで長くなるっていう感じなんですが、タンジェロオレンジやタンジェロパターンレスに関係無く、大きくならない子がいる、単純に大きくなる子がいる、大きくなって尚且つ極端にスレンダーな体型になる子がいる、ということで共優性遺伝か、とも思うのですが、共優性がそんなにいるとも(ジャイアントも怪しい?)思えないので、優性遺伝の量的なモルフなのかも知れません。優性遺伝で、Tb遺伝子を一つ持つと大きくなる何か(成長ホルモン的なもの?)が作られて大きくなって、Tb遺伝子を二つ持つとその何かが作られる量が多くなって、もっと大きくなり、且つ長身のスレンダーな個体になる、というようなイメージで考えています。

オレンジになるToが共優性遺伝で、大きくなるTbが優性遺伝というのは、なかなか難しいところですが、人間でも身長が高くなる遺伝子は多因子遺伝で、量的な部分や環境等も関係する複雑なものなので、レオパでも大きさに関しては、ジャイアントも含め、結構、曖昧なような気がします。

【タンジェロの呼称について】
タンジェロのモルフ名についてですが、タンジェロのメインとなるTo遺伝子が共優性遺伝で、スーパー体が濃いタンジェロ色になるとすれば、パターンの出方とは関係無しに、タンジェロ色の強いもの(どのあたりで線を引くか微妙ですが)をスーパータンジェロとして、その中でもTpが発現してパターンレスになるものを(ラプターのように)スーパータンジェロ・パターンレス、バンド模様(バンデット)やジャングル、ストライプなどについてもパターンの名前を付け加えるというのはどうでしょう?

Toがヘテロで色の薄いタンジェロも同様にするとして、問題はTo遺伝子を持たずにTpTbが発現している個体をどうするか、ですが、去年は、まだタンジェロのことがあまり理解出来ていなかったので、タンジェロのオレンジは発色していないが大きくなる個体等を、タンジェロクロスって言ってしまいましたが、もともと、~クロスっていう言い方はあまり好きではない(優性遺伝のシブリングを思わせるのであまり使いたくはないのですが、ブラックパールは、持っていると思われる微小な黒系変異遺伝子のせいで、劣性ヘテロであっても黒っぽくなるので、大目に見てOKかな?)ので、タンジェロ色のTo遺伝子を持たない個体は、タンジェロの名前は入れない方がいいでしょう。

とすれば、Tpが発現している個体は、ただのトレンパーアルビノ・パターンレスになりますが、ラプターのトレンパーパターンレスとは区別(ラプターはハッチした時から完全パターンレスで、成長したあとの見た目も全く違うので)して、トレンパーアルビノ・タンジェロパターンレス(Toがないのはタンジェロと入れないと言いながら)とする方がいいかも知れません。

また、大きくなるTb遺伝子の発現した個体は、トレンパーアルビノ・ジャイアントと言う訳にはいかないし、ビッグになるということでトレンパーアルビノ・ビッグとか勝手に名付ける訳にもいかないので、もう、ノーマルのトレンパーアルビノ扱い(「大きくなる系統です」みたいな?)しかないです。

【タンジェロに関する他のこと】
あと、ラプターが発現したタンジェロ・ラプターは、ラプターの色とは言えず、かと言って完全なタンジェロ色とも言えないような発色なので、ラプターのエクリプス(アビシニアン的な?)のせいか、トレンパーパターンレスのせいで、タンジェロ色の発色が抑えられているような感じですが、どちらかと言えば、ブルースポット(アビシニアン的なエクリプスの特徴と思っています)が出たタンジェロ・ラプターは見ていないので、タンジェロ色を抑えるのは、ラプターのトレンパーパターンレスのような気がします。

また、トレンパー氏によると、タンジェロはトレンパーアルビノでないと発現しない、とのことですが、トレンパーアルビノ限定でしか発現しないという意味がよく分からないので、ベルアルビノでもベルタンジェロが作出出来るのでは?と思うのですが、うちのダブルホモ♂にタンジェロ♀をかけてベルに持って行くのと、スーパータンジェロ♂をレーダー・サングロー♀にかけてベルに持って行く方法と、来年は、両面からベルタンジェロを狙ってやってみようかと思います。これは、タンジェロをゲットした時からの疑問だったのですが、タンジェロ色の遺伝子がToとして独立しているのなら、ベルに持っていけるような気がします。

もう一つ、EUCBで、タンジェロ・W&Yの凄く綺麗な子が出てますが、今年うちでハッチしたW&Y・アプターがいるので、それとタンジェロをかけて、同等(以上?)のタンジェロ・W&Yを狙ってみようと考えています。

タンジェロの写真を載せておきますが、タンジェロの遺伝子がどのように発現しているのか、私の推測ですが書いておきましたので、見て下さい。

W1209015 W1109314 W1109414 C14120
C15064 C15069 C15081 C15108
C15125 C15133 C15134 C15141
C15168 C15184 C15187 C15193
C15195 C15208 C15215 C15218

以上で、タンジェロのモルフ解説は終了ですが、なかなか微妙なところもあるので、今後、繁殖した結果から、もっと緻密な解析が出来れば(主観的な、こんな感じっていう感覚的な部分が多いのが、欠点ですね・・・まぁ、学問では無くて趣味なので、あまり突っ込まないで下さい)いいなと思っています。

| | コメント (27)

2015.10.4 BlackOut東京 御礼

Img_3478 Img_3480 Img_3484
いつもの開場前の写真です。

うちの子を気に入って連れて帰って頂いた方々、ありがとう御座いました。お手伝い頂いた、ひみるさん、MaYuMiさん、ありがとう御座います。
TVタックルが取材に来て、うちのブースにも撮影に来てましたので、もしかしたら、放映されるかも?ですね・・・東京では、12日放送とか言ってましたが、大阪では放送されるのでしょうか?

【079】【108】【126】【141】【157】【163】【195】【199】【207】【223】は旅立ちましたので、今後のイベントに来られる方は、他の子を物色して下さいね・・・
まーちんさん、大変申し訳ありません。【207】ですが、埼玉のブリーダーに見せる為にシークレット連れて行ってたのですが、私が勘違いして販売してしまいました・・・大サービスしますので【225】で許して下さい。

次回は、私が個人的に大好きな「ぶりくら市」(他のイベントが嫌い、という訳ではないですよ)ですので、張り切って60匹以上連れて行く予定と、早くにエントリーしたので1階(のはず)ですので、よろしくです。

それでは、また

| | コメント (15)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »